--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.01

優しい味

DSCF2145.jpg
お兄ちゃんのツナちくわ丼

以前にも載せた事がある
父が闘病中、母が病院に行っていた時
小学5年の私に、高1の兄が作ってくれたご飯。
その後、何度か母に作ってもらったり、自分でも作るけど
あの兄の味にならない・・・

ただのツナとちくわを混ぜた玉子焼きに出汁のあんかけ。
それだけなんだけど、再現できない。

兄の優しさが味付けだった丼です。



~~~   ~~~   ~~~   ~~~   ~~~   ~~~   ~~~



今年も食べた栗蒸し羊羹。


私の結婚式は、レストランウェディングでした。
両家と、友人と、同じ会社だったから30人弱でやったパーティー。
引き出物はなく、代わりにちょっとしたお土産程度のものを付けた。
レストランで用意してくれたパウンドケーキと
持ち込んだ 栗蒸し羊羹


家から100m離れていない
小さな小さな 昔からある和菓子屋さんの羊羹。

包装紙を見ただけで、出席した友達は
「○○さんの栗蒸し羊羹だ!」って言ってくれたほど
私の住む町内では有名なお店。
みんな買いに来るので、この時期は午前中に行かないと手に入らない。





そんな和菓子屋さんが 結婚式の翌年、店を閉めた。
シャッターの張り紙の前で、ショックを受けたのを今でも覚えてる。


「長い間ありがとうございました。
  後継者がいない為、店を閉める事にしました。云々」



DSCF2208.jpg


「結婚式の引き出物に使いたい」 とおばちゃんに言いに行った時

「あの eriちゃんが結婚するのねー。
 結婚式に使ってもらえるなんて本当に嬉しいわ~
 ありがとうね~喜んで作らせてもらうよ^^」

と言ってくれた。
その頃には決めていた事だったのかもしれない。




私が子供の頃にはすでに ご夫婦でやっていたお店。
そりゃもうお爺ちゃんとお婆ちゃんだ。

仕方ないよな・・・・





この季節は
「○○さんより美味しい栗蒸し羊羹見つけた?」が合言葉。

残念ながら、今年も見つけられなかったけど・・・



この記事へのトラックバックURL
http://ranaeri.blog36.fc2.com/tb.php/394-39691a6c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
そのお兄ちゃんの愛のこもったツナチクワ丼
味わってみたいな~
やっぱり、料理って心だね

後継者が居なくて閉めるお店がこっちもたくさん
昨年大好きだった豆大福を売ってるお店が閉めた
寂しくなるよね
私も未だにあの味の大福探してるの
でも、無くなった物を超えるのは難しいね
Posted by John.John at 2010.11.01 09:29 | 編集
ヾ(〃⌒ ー―――⌒)ノ~~コンニチワァ♪

優しいお兄ちゃんだね~^^

私も兄がいるけど・・・
9歳離れてて、相手にされず・・・
おちょくられた思い出しか・・・ ^^;

お袋の味ならぬ兄の味

愛だね~愛^^
Posted by rikamint at 2010.11.01 09:32 | 編集
お兄ちゃんが作ってくれた丼の思い出の味があるなんて幸せね。
優しくていいおにいちゃん。
後継者がいなくて続けられないのは残念ですね。
おいしくて人気があったのならなおさら。
Posted by ママン at 2010.11.01 11:02 | 編集
スゴイね、お兄ちゃん
わざわざ餡かけにしてくれるなんてサ
ワタクシは弟のためにそんな面倒くさいことできないもん(^^;
いい、お兄ちゃんだねぇ~~~

栗蒸し羊羹大好き♪♪
ぜひ、食べてみたかったわぁ
Posted by Josh&Kai’sMum at 2010.11.01 12:58 | 編集
昔からいつもお兄さんがいる人が羨ましいけど
特にeriちゃんが羨ましいよ~
栗むしようかん好き!
後継者がいなくてお店しめちゃうの残念だけど
今、そういうお店多いんだろうねぇ。
Posted by エミリオ at 2010.11.01 13:59 | 編集
やさしい調味料
あるよねえ~~~
なんだか
じわ~~~~って
しちゃった・・・・・

お兄ちゃんほしかったな~~~
自分より上にほしかった~~~
弟いるけど~~~
歳も1個ちゃうだけやし~~
トモダチみたいやもん~~
Posted by ひろりん at 2010.11.01 16:28 | 編集
うーん、なんか泣きそうだ・・・。
お兄ちゃんの気持ちが胸にじんわりとくるね。
eriちゃんのやさしい味があるはず。
それをだいじにね。

和菓子屋さんのお話、さみしいね。
後継者問題って深刻だよね。
Posted by ちかお at 2010.11.01 19:36 | 編集
eriちゃんのお兄さんって
ほんと~に素敵な人よね
お会いしたことはないけれど
エピソードを読むだけで
全て知ってしまった気がするわ(大げさ

うちの近所の和菓子屋さんも
2年くらい前に閉めちゃったよ
おじいちゃんが一人で作ってたからね
安くて美味しかったのに。
Posted by ルナコ at 2010.11.02 14:45 | 編集
eriさん、こんにちは。
お兄さんのツナチクワ丼の話も、栗ようかんの話も、なんだかじーんと来ちゃう良いお話ですね。
(うちの兄が作ってくれたものと言ったらタバスコパスタ。超おいしかったけど、大人になってからはちっともつくってくれず最近交流ナシ、爆)
後継者がいなくてしめちゃう名店ってけっこうあるんですよね・・・
>今、エチオピアカレー挑戦中です、わくわく。(eriさんのレシピ、参考にしてます) 良い香りが部屋中漂ってますー あとで記事にするとき、記事内リンクさせてくださいね♪
Posted by tonkichi at 2010.11.02 15:35 | 編集
やだ、おいしそうだわぁ
ツナちくわ丼。
私の方が近いから
こんどお兄ちゃんの住所おしえて
もらいたい~

eriちゃんの結婚式の引き出物に
つくったことも
おじいちゃんとおばあちゃんにとっては
きっと素敵な思い出だよね
食べ手にとっては実に残念だけど...
Posted by kyoko007 at 2010.11.03 08:14 | 編集
後継者がいなくて・・・ってすごく残念。
きっとeriちゃんが結婚式に使ったことは、
お店の方にとっっても最後の思い出深いひと仕事になったと思うよ。

お兄さんの味かぁ~、
なんかいいね、兄弟愛。
うちのだんなの若かりし頃(苦労時代)の思い出パスタがあってね
それもツナがはいってたパスタだったよ。

Posted by にたまごん at 2010.11.03 08:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。