--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.01

優しい味

DSCF2145.jpg
お兄ちゃんのツナちくわ丼

以前にも載せた事がある
父が闘病中、母が病院に行っていた時
小学5年の私に、高1の兄が作ってくれたご飯。
その後、何度か母に作ってもらったり、自分でも作るけど
あの兄の味にならない・・・

ただのツナとちくわを混ぜた玉子焼きに出汁のあんかけ。
それだけなんだけど、再現できない。

兄の優しさが味付けだった丼です。



~~~   ~~~   ~~~   ~~~   ~~~   ~~~   ~~~



今年も食べた栗蒸し羊羹。


私の結婚式は、レストランウェディングでした。
両家と、友人と、同じ会社だったから30人弱でやったパーティー。
引き出物はなく、代わりにちょっとしたお土産程度のものを付けた。
レストランで用意してくれたパウンドケーキと
持ち込んだ 栗蒸し羊羹


家から100m離れていない
小さな小さな 昔からある和菓子屋さんの羊羹。

包装紙を見ただけで、出席した友達は
「○○さんの栗蒸し羊羹だ!」って言ってくれたほど
私の住む町内では有名なお店。
みんな買いに来るので、この時期は午前中に行かないと手に入らない。





そんな和菓子屋さんが 結婚式の翌年、店を閉めた。
シャッターの張り紙の前で、ショックを受けたのを今でも覚えてる。


「長い間ありがとうございました。
  後継者がいない為、店を閉める事にしました。云々」



DSCF2208.jpg


「結婚式の引き出物に使いたい」 とおばちゃんに言いに行った時

「あの eriちゃんが結婚するのねー。
 結婚式に使ってもらえるなんて本当に嬉しいわ~
 ありがとうね~喜んで作らせてもらうよ^^」

と言ってくれた。
その頃には決めていた事だったのかもしれない。




私が子供の頃にはすでに ご夫婦でやっていたお店。
そりゃもうお爺ちゃんとお婆ちゃんだ。

仕方ないよな・・・・





この季節は
「○○さんより美味しい栗蒸し羊羹見つけた?」が合言葉。

残念ながら、今年も見つけられなかったけど・・・



スポンサーサイト
Posted at 09:00 | 未分類 | COM(11) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。